fc2ブログ

安倍首相の外れたねらい

自民党の圧勝に終わった今回の衆議院選挙ではあるが、安倍首相のねらいで外れた部分はそれなりにある。
第一は民主党つぶしだった。海江田代表のこの時ならつぶせるともくろんだ。だが、少しではありが議席を伸ばさせた。
第二は枝野つぶしで、勢力をつぎこんだ。安倍にとって枝野幹事長は自分を批判する急先鋒で鋭いと認識している。理念が正反対だけでなく、。経済施策、安全保障、憲法問題どれをとっても相容れない存在である。前原、細野などとは違う。しかし、枝野は勝った。
第三として、維新、次世代は安倍の別行動隊の部分があり、つぶしtたい相手ではなかった。しかし次世代はほぼつぶれ、維新は停滞した。
共産はもともと問題視していないので躍進といってもねらい外れの範疇にはならないだろう。
なにしろ、安倍首相はもっと勝てると期待していた。しかし、差があるすぎるが、自公対民主の構図がより強まったのは安倍にとって望ましいことではない。
今後、憲法改正が最大の議論になりそうである。議論するには格好のこの問題でマスコミがあおり、民主党、公明党がゆさぶられ、国民が引きずり込まれる。安倍にとっての優先課題、ねらいはこれなのだろうが、国民にとってそうなのか、危険の方が大きいとしか見えない。外れることを願う。
スポンサーサイト



衆議院選挙結果

衆議院選挙は事前報道通り、自民の圧勝に終わった。アベノミクス選挙と名付けた安倍首相のねらい通りになった。
NHKはその最たるもので、ことあるごとに「アベノミクスへの評価を最大の争点に・・・」と繰り返し強調していた。通常は経済施策は最重要だろうが、現時点ではアベノミクスの評価が分かれるは当然。だからもう少しはやらせてみよう、となってしまった。

続きを読む

衆議院解散

 衆議院が解散する。
 安倍首相の行動は自己主張と戦略性で説明できる。

続きを読む

沖縄知事選

 沖縄知事選で移設反対派の翁長前那覇市長が勝利した。今後この移設問題はどうなるのか。
 沖縄には私も何回か行き、ひめゆりの塔や安保の丘を訪れ、戦争、基地問題の端には触れてきた。しかし、過去、現在の苦しみを本土の人間がどれだけわかるのか、本土で引き受ける所はでてこないだろうし、翁長氏をはじめ反対派にどのような勝算があるのだろうか。
 「言いたいことは言い、できることはした。でも両政府に負けました。」になるのでは。
 どうも日本人は、結果より過程に重きを置き過ぎる。
 どうも日本人は、妥協を認めず、100点満点の答えを求め過ぎる。(個人問題では結構妥協するくせに)
 対立だけで、基地削減が進まない愚は避けてもらいたい。

ボランティア活動

 介護施設で、ボランティアのギター演奏をしています。ある時ある所で、途中で大声を上げる人が出て、それも何回か続き、私の演奏が嫌いで上げているようではなかったけれど、演奏に集中できなかった。なので、「そこはもう断ろうかな」と思っていた。
 このことを友人にグチッぽく言ったら。「そんなことでイヤになっているお前はおかしい。一人でも聞いてくれる人がいるなら気分よく演奏するべき。一人はいるはずだ」と諭され、目が覚めました。ボランティアの精神を忘れる所でした。「皆に楽しんでもらいたい。そうでなかったらちょっと考えなきゃ」から「一人でも楽しんでくれる人がいれば、意味があるんだ」に変化し、気持ちに余裕ができました。「ありがとう、Iさん」その介護施設に次行った時は、なぜか非常にいい雰囲気のまま終れました。
 今3ケ所でボランティア演奏を定期的にしていて、アンコールを求められたり、時にはリクエストも頂きます。その時は演奏できなくても次回までに準備、練習することも楽しみの一つです。誰かのお役に立てる幸せを感じています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR