fc2ブログ

安倍首相の外れたねらい

自民党の圧勝に終わった今回の衆議院選挙ではあるが、安倍首相のねらいで外れた部分はそれなりにある。
第一は民主党つぶしだった。海江田代表のこの時ならつぶせるともくろんだ。だが、少しではありが議席を伸ばさせた。
第二は枝野つぶしで、勢力をつぎこんだ。安倍にとって枝野幹事長は自分を批判する急先鋒で鋭いと認識している。理念が正反対だけでなく、。経済施策、安全保障、憲法問題どれをとっても相容れない存在である。前原、細野などとは違う。しかし、枝野は勝った。
第三として、維新、次世代は安倍の別行動隊の部分があり、つぶしtたい相手ではなかった。しかし次世代はほぼつぶれ、維新は停滞した。
共産はもともと問題視していないので躍進といってもねらい外れの範疇にはならないだろう。
なにしろ、安倍首相はもっと勝てると期待していた。しかし、差があるすぎるが、自公対民主の構図がより強まったのは安倍にとって望ましいことではない。
今後、憲法改正が最大の議論になりそうである。議論するには格好のこの問題でマスコミがあおり、民主党、公明党がゆさぶられ、国民が引きずり込まれる。安倍にとっての優先課題、ねらいはこれなのだろうが、国民にとってそうなのか、危険の方が大きいとしか見えない。外れることを願う。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR